飛行機の発着場

どちらがお得?早割と株主優待割引の違いとは

どちらがお得?早割と株主優待割引の違いとは

航空券を購入するときに何かしらの割引を利用する人は多いと思います。中でも、早めにチケットを抑えておくことで利用できる早割は多くの人が助かっているのではないでしょうか。
ところで、株主優待券を持つことで利用できる株主優待割引という制度もあります。これら二つの割引はどう違って、どちらがよりお得なのでしょうか。簡単にご説明します。

早割と株主優待割引の違いはタイミングと自由度

灰色のチケット
早割は2か月ほど前から予約することでお得に航空券を買うことが出来る割引制度のことです。
予約予定日より前になればなるほど安くなるため、あらかじめいつ飛行機に乗るかが決まっているという人にとっては、かなり便利な制度となっています。ポイントは予定が確定しているというところです。

株主優待割引は株主優待券を持っている人だけが使える割引です。
他の割引とは併用できないことがほとんどですが、航空券を普通料金の半額で購入することが出来るというとてもお得な制度です。

便利な上に当日の予約であっても利用することが可能であり、さらに搭乗手続き前までキャンセルや時間の変更も可能です。
早割は予約の変更が出来ないので、それに比べるとかなり自由度が高いといえますよね。体調が悪くなりがちな人や、行くかどうか直前まで分からないという人にとって強い味方となりそうです。

どちらがお得かはケースバイケース

では、実際にどちらの方が安いのでしょうか。
結論から言えば、早割の方が株主優待割引よりも安く航空券を買うことができます。早ければ早いほど安くなっていくので、早割の予約が出来る場合はそちらを利用するといいでしょう。

一方、早割が利用できないという場合もありますよね。
早い者勝ちとなってしまうので、気づいたら予約がいっぱいだったという経験もあるのではないでしょうか。そんな時には株主優待割引がとてもお得です。時間や予定自体があやふやだという場合にも、とても助かる制度となっています。

ですが、予定がはっきりとしている場合は、料金の安さを取ってまず早割チケットの購入を考えるといいかもしれませんよ。
ちなみに早割も株主優待割引もマイルが貯まりますが、どちらも75%となっているようです。割引によって差はないので、マイルを貯めたいと思っている人も素直に自分の状況に合わせて購入しましょう。

株主優待割引は困ったときの味方です

早割に比べ、株主優待割引は計画通りに物事が進んでいない時に助けてくれる存在と言えます。突然の旅行の際にはぜひ利用してみてください。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017航空会社の株主優待券は、株主ではない多くの人も手放された優待券を簡単に購入することができますAll Rights Reserved.