飛行機の発着場

ゴールデンウィークやお盆など!株主優待割引にぴったりな時期について

ゴールデンウィークやお盆など!株主優待割引にぴったりな時期について

株主優待券を持っていれば航空券が普通料金から50%も割り引かれます。しかし、株主でない場合はいつでも持っているわけではありませんよね。飛行機を利用するたびにいちいち金券ショップやネットオークションなどで手に入れるのも大変ですし、いかなる時も株主優待割引が一番お得であるというわけではないという点も注意しなくてはなりません。
では、株主優待割引はどういった時に便利なのでしょうか。簡単にご紹介します。

 航空券の料金が高く設定される時期は非常に便利!

株主優待割引が頼りになる時と言えば、やはりゴールデンウィークやお盆のように飛行機の利用が多くなる時期です。
混む時期は航空会社も料金を値上げしていることが多く、割引もいつもよりも少なくなっていることがあるため、その分、旅費がかかってしまいます。
早割の予約は早い者勝ちで、朝から待機していてもタッチの差で予約できなかったという場合もあります。

そんな時に頼りになるのが株主優待割引です。
株主優待割引は株主優待券を持っている人ならば誰でも受けられます。料金も50%引かれるので旅費がかなり浮くことになります。

移動距離が長ければ長いほどお得になりますので、帰省の為にかなり遠い場所に飛行機で帰らなくてはならないという人には特にオススメです。
年末年始や長期休暇など、多くの人が利用すると思われる時期に飛行機を予約する際は、ぜひとも利用することを考えて準備を進めましょう。

 突然の旅行の時に大助かり!

航空券のシルエット
航空券の予約はかなり前から予定を立てて行うことが多いと思いますが、時にはいきなり、飛行機で遠くまで行かなくてはならなくなったということもあり得ますよね。
あいにく予約は取れそうだけれど、早割はもう使えないとなると航空券代がかなり痛手となるでしょう。

そんな時も、株主優待割引はとても便利です。
いきなりの予約であっても利用できる制度ですので、いかなる割引も通用しない時期となっていても、しっかり50%割引で飛行機に乗ることが出来ます。
また、突然の予約だけではなくキャンセルや時間変更なども可能ですので、予定自体が不確定であるという場合でもさほど困らずに済みます。

急な旅行となってしまった場合や、行けるかどうか分からないがとりあえず飛行機を押さえておきたいという場合は、ぜひ株主優待割引を利用しましょう。
とてもお得ですよ。

 他の割引が使えない時の味方です

株主優待割引は早割などが使えないときに大変便利な制度です。手間はかかりますが、急な旅行や混雑時の飛行機の利用の際はぜひともご検討ください。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP

Copyright(C)2017航空会社の株主優待券は、株主ではない多くの人も手放された優待券を簡単に購入することができますAll Rights Reserved.