飛行機の発着場

航空会社の株主優待券は、株主ではない多くの人も手放された優待券を簡単に購入することができます

航空会社の株主優待券の入手方法は?どう使えばいいの?

お盆や年末年始、ゴールデンウィークなどを利用して空の旅をする人は多いかと思います。
また、急に飛行機を利用した用事が出来たという経験がある人もいるのではないでしょうか。そういう人の強い味方となるのが、航空会社の株主優待券です。
では、どうすれば手に入るのでしょうか。そして、どう使えばいいのでしょうか。

 株主にならなくても手に入れられる

オークションの進行役
株主優待券は、基本的に株主になることで手に入ります。
しかし、株主になって1枚入手するためには、1株だけではなくかなりの数の株を所有する必要があることに加え、もらえる時期も決まっています。

いつ使うかも分からないことを考えると、いきなり株主になるというのはハードルが高すぎますよね。
そこで、多くの人が利用しているのが金券ショップやネットオークションです。
株主によって手放されていることも多いため、株主ではない多くの人も簡単に購入することができます。

よく転売チケットの問題などがあげられているので不安な人もいるかもしれませんが、航空会社は今のところ株主以外の利用を禁止していません。
したがって、安全に利用できますのでご安心ください。

 大手航空会社で割引が受けられる

株主優待割引を設定しているところには、ANAやJALといった航空会社も含まれています。
これらの会社は大きな割引の目玉として早割や先得なんかを売り出していますが、大手航空会社で利用できるところが魅力的ですよね。
プレミアムクラスやファーストクラスなどの予約にも使えるため、快適な空の旅をお得に楽しめるチャンスもあります。

また、他にもソラシドエアやエアドゥなどといった航空会社も株主優待割引を設定しています。
それぞれの航空券の金額や割引内容をよく比較して選ぶといいですよ。

 1回1枚につき1人が割引を受けられる

基本的に株主優待割引は1枚につき1人が対象となっています。
1枚で2人分割り引いてもらうことはできないので、人数分必要になりますので注意が必要です。

1回の割引で使用できるのはJALやANAですと1人1枚、ソラシドエアやエアドゥなどは2枚まで使用できますが、いずれの場合も50%の割引になるようです。
早割などが使えないときに半額になるのは大きいのではないでしょうか。突然の用事で予約しなくてはいけなくなった場合などには、とても助かると思います。

 いくらで買えるかも大事です

株主優待券は大変お得ですが、入手の際にお金がかかってしまうと意味がありません。購入の前に価格をよくチェックしておきましょう。
また手元にあるけど旅行には行かない、不要だと思っているなら株主優待券買取価格を確認した上で、売ってしまうのも良いでしょう。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017航空会社の株主優待券は、株主ではない多くの人も手放された優待券を簡単に購入することができますAll Rights Reserved.